カスタマイズした404 Not Found ページを作成したメモ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ファイルの移動や削除によって、指定されたURLでページが存在しない場合、システムが無機質に返すページでは素っ気ないですね。
そこで、こちらのページを参考にさせて頂いて、オリジナルの404ページの作成と「.htaccess」の設定を行いました。

まず、404 Not Found 用のオリジナルのページを作成して、サーバーに設置します。
私は「404.html」というファイル名で作成し、「sc」というディレクトリに設置しました。

おそえワールド
http://osoe.jp/sc/404.html

おそえの日誌
http://blog.osoe.jp/sc/404.html

次に、「.htaccess」ファイルを編集します。
アドレスバーに表示されるURLの表記方法によって下記の2通りがあります。

 

【1】アクセスしてきたURLのまま表示したいとき

ドキュメントルートを基準にルートパスで404ページを指定します。

ErrorDocument 404 /sc/404.html

 

【2】すべて同じURLにしたいとき

http://で始まる絶対パスで404ページを指定します。

ErrorDocument 404 http://osoe.jp/sc/404.html

 

おそえワールドとおそえの日誌はディレクトリが違うので、それぞれで404ページと「.htaccess」ファイルを作成・設置しました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osoe.jp/mt/mt-tb.cgi/1061

>コメントする

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

おそえワールド検索

Powered by Movable Type 4.261