Filezilla 3.2.1 でディレクトリ(フォルダ)の同時移動が出来るようになりました

| コメント(0) | トラックバック(0)

今まで(私が知る限り)FFFTPにしか出来なかった、リモートサイトとローカルサイトのディレクトリ(フォルダ)の同時移動が、FileZilla 3.2.1から出来るようになりました。

20090219-filezilla_01.PNG

以前のバージョンをからは、そのままアップデート出来ます。

インストールが終わったら、起動してリモートサイトに接続し、赤丸で囲んだ鎖のようなアイコンをクリックします。

マウスをこのアイコンにフォーカスすると、

「Toggle synchronized browsing.
If enabled, navigating the local directory hierarchy will also change the directory on the server accordingly and vice versa.」

という英語の説明が表示されます。(ここはまだ日本語化されてないです)

「同期表示機能の切り替え。
この機能を有効にすれば、ローカルのディレクトリの移動に合わせて、サーバーのディレクトリも移動しますし、また、その逆もしかりです」

というような意味です。(大雑把だなぁ)

ローカルサイト(ローカルディレクトリ)とリモートサイト(サーバーのディレクトリ)で“『同じディレクトリ名』”があった場合に、それをダブルクリックすると、ローカルサイトとリモートサイトが同時に移動します。

FFFTPではずいぶん昔から出来ていた機能で、とても作業効率が上がる機能です。
FileZillaにも欲しいと思っていたのですが、とうとう出来るようになって嬉しいです。
2009年1月31日にRC1版で実装されて、2月13日に正式版になったようです。
開発者の皆さんにはとても感謝です。

FFFTPを使えばいいのに~、という感じですが、FFFTPではSFTPでの接続が出来ないのと、FileZillaの方が転送スピードが速いので、FileZillaを使っています。(SFTP対応版FFFTPもあるらしいのですが、いずれにしても転送スピードの違いが大きいので)

【FileZillaの記事】

 

【公式サイト】

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osoe.jp/mt/mt-tb.cgi/1025

>コメントする

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

おそえワールド検索

Powered by Movable Type 4.261