Windows7発売とインストール

| コメント(0) | トラックバック(0)

2009年10月22日にWindows7が発売になりました。
深夜販売には行きませんでしたが、昼休みに買ってきました。

メインPCだけに入れるつもりでしたが、TWOTOPに入った瞬間に、ふと思い立ってサブPCにも入れることにしました。
そんなに予算はないので、DSP版を下記の組み合わせで買ってきました。

  • Windows7 Ultimate 64ビット DSP版 + FDD
  • Windows7 Professional 32ビット DSP版 + メモリ(PC2100 / DDR266 / 1GB)

メインPCは、今までベータ版やRC版でその実力がある程度分かっていたので問題ないのですが、サブPCはAthlon XP 1800+という古いCPUです。
32ビットしか使えません。
しかし、ソニーがVAIO X というCPUにAtomを搭載したノートPCにWindows7を入れて発売しました。
それなら、Athlon XP 1800+だって使えるはず、と、思ったのです。

そして、その予想は当たりました。

インストール途中はさすがにAthlon64 3200+マシンよりは遅いですが、起動してしまえば意外と快適に使えます。

何故、こんな事が可能かというと、Windows7にはパソコンのスペックに応じて設定を自動的に変える機能があり、無理に新機能を有効にしようとしないからです。
インストール時にハードウェアを測定して設定を行いますから、私たちはモニタの前で待つのみです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osoe.jp/mt/mt-tb.cgi/1297

>コメントする

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

おそえワールド検索

Powered by Movable Type 4.261