メモリは積めるだけ積めるに限る!

| コメント(0) | トラックバック(0)

メインパソコンには1.5GBのメモリを積んでいます。

5年前に今のメインマシンを組み立てたとき、メモリだけは後で規格が変わると思ったので、思い切って512MBを3枚搭載しました。

この時の決断は正しく、今もWindows Vista Ultimate (32bit版) が軽々動いています。もちろん、Vistaの最適化機能が働いていることもあるかもしれませんが、しかし、フル機能でうごいていることから、特に簡略化された部分はないようです。

CPUはAthlon64 3200+(2次キャッシュ1MB版)で短命に終わったSocket754プラットフォームです。
これは、決断ミスでしたね~。
Socket754はその後Athlon64ではなくSempronという安価版CPUしか登場しませんでしたので、結局一番最初に出たAthlon64が一番良いCPUということで終わってしまいました。

AGPが8x対応なのが唯一救いといえば救いです。
最初、GeForce FX 5700 Ultra(現在のサブマシンで稼働中)だったものが、GeForce 6800へ、そして去年春にはGeForce 7950 GTへ換装し、VistaのAero機能も軽々動きます。
Windows XPからVistaにしたことで画面の切り替えなどがとても速くなりました。

しかし、やはり、1.5GBのメモリが今でも効いています。

メモリは積めるだけ積むと、長く使うことが出来ます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osoe.jp/mt/mt-tb.cgi/730

>コメントする

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

おそえワールド検索

Powered by Movable Type 4.261