カップヌードルリフィル(詰め替え用)とECOカップ

| コメント(0) | トラックバック(1)

去年、カップヌードルリフィル(詰め替え用)のお試しパック(『詰め替え容器』と『詰め替え用ヌードル』のセット)を買いました。

普段はそれほど「ECO」にこだわっていることは無いのですが、偶々物珍しさに誘われたのか、「お試しパック」をスーパー三和で目にして、つい買ってしまいました。しかし、当時は普通にカップヌードルを買った方が詰め替えよりも安いという「おサイフの中がECO」になる価格設定(スーパー三和の場合)でしたので、嫁さんには「何のために買ったの?」と言われれる始末。はい。仰るとおりで。しかも、詰め替えヌードルをセットするのは少しだけ面倒だったり。www
しかし、引っ越した後に、近所のジャスコで普通のカップヌードルと同じ値段で販売されているのを発見!

ヤッタネ!

詰め替え容器は内側と透明の外側の二重構造になっていて、断熱だけでなく、中にオリジナルデザインの紙を挟むことで、自分だけのカップヌードル容器にすることも出来ます。


さて、その後、カップヌードルに限らず、あらゆる物が値上げする中、スーパー三和でさえ普通のカップヌードルの安売りが出来なくなってしまいました。(スーパー三和限定かよw)

そんな中で、カップヌードルのカップが紙製に替わるとの発表(ちなみに、発表では「ECO」は単なる環境保護のみを意味しているわけではないとなっています)。
順次、店頭の商品が入れ替わるとのことで、先日、我が家にも紙製容器のカップヌードルがやってきました。

味は、同じです。w(当たり前かw)

いつも通り熱湯を注いだ後に容器を持つと、結構、熱いです。手触りは優しい感じがするのですが、熱の伝導率は発泡スチロールの時よりも高めのようです。
食べた後に軽くゆすいで乾かしているときに、「これは今日から燃えるゴミなんだな~」と思いました。古紙には出せないんですよねぇ。


カップヌードルはみなさんもお世話になることが多いと思いますが、あなたは「リフィル?」それとも「紙容器?」

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://osoe.jp/mt/mt-tb.cgi/743

日清食品のカップヌードルのカップがECOカップに替わった。記念にと思いスーパーに買いに行ったところすでにECOカップになっていた。ところが麺の量が少なく安... 続きを読む

>コメントする

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

おそえワールド検索

Powered by Movable Type 4.261