UnEditor での正規表現を使ったHTMLタグの属性を削除する置換方法のメモ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 この「おそえの日誌」はMovableTypeで構築していて、エディタには「FCKeditor 2.6 日本語版」を利用しています。
このエディタはとても高機能で重宝するのですが、時々余分な属性を付けてしまいます。
そこで、余分な属性をUnEditorの置換機能を使って削除するメモです。

まず、正規表現が全く分からないので、ググったら「正規表現サンプル集」を見つけました。
そして、「HTMLタグを削除する(記号で囲まれた文字の削除)」を参考にUnEditorで下記の設定と操作をしました。

  1. 「検索」→「置換」(もしくはCtrl+R)
  2. 「検索する文字列」に「<("[^"]*"|'[^']*'|[^'">])*>」と入力し、余分な属性を削除したいタグになるように「<」の後に追記する。例えば「ulタグ」の場合は「<ul("[^"]*"|'[^']*'|[^'">])*>」とする
  3. 「置換える文字列」にタグを記入する。例えば上記のulタグの場合は「<ul>」とする
  4. 「置換オプション」の「ファイル先頭から開始」「置換え動作の確認」「正規表現」にチェックを入れる
  5. 「すべて置換」をクリック
  6. 置換前のタグがハイライトされるので確認する
  7. 問題なければ「すべて」をクリック
  8. 上記の場合、ulタグが全て属性値無しの「<ul>」になる

 

okikae.png

 

但し、aタグでやっちゃうとリンク消えちゃうので注意です。^o^;

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osoe.jp/mt/mt-tb.cgi/1327

>コメントする

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

おそえワールド検索

Powered by Movable Type 4.261