秋葉原DIY PC EXPO 2009に行ってきました

| コメント(0) | トラックバック(0)

東京モーターショウを見てきた帰りに、秋葉原のベルサール秋葉原で開催されていた「DIY PC EXPO」を見てきました。

1階の展示スペースでは、各パーツメーカーが自慢の商品を展示してました。

詳しくはAKIBA PC Hotline!を参照下さいね。

私も愛用中の電源メーカーブランド「ENERMAX」は、HDDをたくさん積み上げた剥き出しのPCや、グラフィックボードを4枚挿したPCのデモを行ってました。
お話を聞いてたら、最近は、電源の高容量化もあるけども、電源の変換効率を高めることに力を入れているとのことでした。
一昔前は70%の反感効率で、残り30%は熱となって逃げていたそうです。
これを80%以上にまで高め、更に、モデルによっては90%にまで持って行くことで、入力された電力に対する無駄を少なくし、省エネに貢献出来るというわけだそうです。
もし、24時間フル稼動だと、年間で数万円の節約になるそうです。
次に電源を買うときは、80PLUS Silver以上のモノも検討しないとね。
ちなみに、80PLUS Goldという、変換効率が90%の商品が出てくるそうです。
凄いな~。

次にお話を聞いたのは、ケースメーカーの「IN WIN」。
デカイファンが付いてて思わず足を止めました。
「Fanqua」は側面に22cmの大型の静音ファンを付けられる他、前面に12cmファン+3.5インチHDDスロットの一体ユニットが付いていたり(日本仕様は2つ付けてるそうです)、天板にもファンが付けられる、まさに冷やすPCケースです。その代わり穴だらけですが。www
値段が10,800円とリーズナブルなのも良いですね。

地下では懐かしいパーツを日経PCさんが展示してました。

セミナーを聴けなかったのは残念。
次回は朝から晩まで聴けるようにしよう~。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osoe.jp/mt/mt-tb.cgi/1307

>コメントする

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

おそえワールド検索

Powered by Movable Type 4.261