SONY PCV-MX2V7 を復活させる

| コメント(0) | トラックバック(0)

ソニーのミニタワー型AVパソコン「PCV-MX2V7」を嫁さんの実家から取り寄せました。

Pentium IIIだし、メモリ64MBだし、Windows 98 SEだし、捨てるって聞いて、まあ、しょうがないかなぁと思っていました。
しかし、確かWindowsを起動しなくてもMDデッキが使えるんだよねと思い出して、ディスプレイ以外の本体と周辺機器を送ってもらいました。

090906_2154~01.JPG

このパソコンは、ソニーが200年5月に発売したMDデッキ・DVD-ROMドライブ内蔵のミニタワー型パソコンです。
付属品によって3つのタイプに分かれていて、V7はフラットトリニトロン管モニターのタイプです。
木製キャビネットのステレオスピーカーが付属しています。

Windowsを起動すれば付属のソフトでMDやDVDの再生が出来ます。

一方、オーディオモードで起動すると、パソコン側の本体は起動せずに、MDデッキ・DVDプレイヤー・FMチューナーが利用出来るようになります。
パソコンは使わないけど、音楽を聴きたいときにオーディオ部だけに電源が入るので、起動も速いし、使いやすいです。

オーディオ操作用のリモコンもあります。

私のメインPCはWindows 7 ベータだし、さすがにMedia Communicaterを使おうとは思わないので、溜まりに溜まっているMDの整理に使えそうです。

そのためにも、

  • メモリを最大容量の512MBへ換装
  • HDDを大容量化
  • Window XP化
  • モデムカードを抜いて、LANカードを導入
  • グラフィックカード換装

をしようと考えています。

ちなみに、写真はオーディオモードで起動した状態です。
ちょと分かりづらいですが、一番左下のボタンがパソコンとしての電源ボタンで、その右側に電源ランプがあるのですが、オーディオモードのときは消灯しています。

本体の上に載っているのは、SCSI接続のCD-RドライブとMOドライブです。
SCSIとは時代を感じますね。

CD-RドライブはプレクスターPX-W4012TSEで、嫁さんの誕生日に買ってあげたという記憶が。
だって、当時は他に欲しいのがないって・・・・。
SCSIボードも買ってきて、本体を開けて、取り付けました。
もちろん、私の作業・・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osoe.jp/mt/mt-tb.cgi/1246

>コメントする

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

おそえワールド検索

Powered by Movable Type 4.261