R-TYPEでシューティングゲーム下手を思い知る

| コメント(0) | トラックバック(0)

元々、シューティングゲームは下手なんですよ。でも、下手の横好きというか、つい、PLAYSTATION Store で R-TYPES (600円也)をぽちっと購入してしまうわけです。

R-TYPES はR-TYPEとR-TYPE IIのセットなのですが、どちらも難易度を一番下げても、死なずに1面をクリア出来ないという有様。

電車の中でプレイしてて、横からのぞき込まれたら、「どんだけ下手なんだ、お前は」と思われること必至です。
(見る人いないって)

普通だと、これだけでストレスになりそうなものですが、なんせ、どんだけ途中でゲームオーバーになっても、セレクトボタンをポチポチ押してコンティニュー無限なので、むしろ、爽快!

RAYSTORM がコンティニュー回数に制限があるため、一応、最後まで行けたんですが、まだ、クリア出来てないので、ちょっとだけ不満。
いや、練習すれば良いんですけどね。

と、とりあえず、R-TYPEで遊びます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osoe.jp/mt/mt-tb.cgi/1143

>コメントする

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

おそえワールド検索

Powered by Movable Type 4.261