意外と利用されているPLAYLOG

| コメント(0) | トラックバック(0)

SNS(ソーシャルネットワークサービス)のトップと言えば、国内ではmixiですが、意外とPLAYLOGが利用されているようです。

ITmediaの画面左側に「CGMサイト 月間アクセスデータ」というのがあります。データの元はビデオリサーチインタラクティブです。

1年前のデータではありますが、mixiからは圧倒的に突き放されていますが、2番手としてPLAYLOGが位置しているようです。

PLAYLOGはソニー系のレーベルゲートが運営していて、元々はSonicStageの再生リストと連動した、SNSのひとつです。
でも、使ってもらうと分かりますが、SNSよりもブログの集合体の形態が強いです。
音楽の話題が多いのが特徴ですね。

有志の人達によって、iTunesやWindows Media Player、Winampの再生リストとも連動出来るようになっているので、ウォークマンユーザーじゃなくても楽しむことが出来ます。
WikipediaにPLAYLOG対応サービス一覧が載っています)
mixiミュージックと同じ機能ですね。
これは、PLAYLOGが再生リストのアップロードの仕様を公開していて、誰でも開発出来るようにしているからです。

私は2つ以上のサイトの運営が出来ないので、PLAYLOGではアカウントだけ作ってて、再生リストだけ公開しています。
いや、過去には頑張って記事を書いたこともありますが、ブログのコピペでした。
コピペもきついんですよねぇ。
今は、おそえの日誌トップページに貼っているブログパーツでも再生リストを見ることが出来ます。

そうそう、ブログパーツって重要ですよね。
普通の人には2つ以上のサイトって運営は無理なんですよ。
でも、そのサイト特有の機能って使いたいじゃないですか。
私の場合はPLAYLOGやGoogle Picasaがそうです。
だから、ブログパーツを使って自分のブログやホームページに機能を追加するんです。

ただ、表示速度は優先したいので、ブログパーツはトップページにしか貼ってません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osoe.jp/mt/mt-tb.cgi/1163

>コメントする

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

おそえワールド検索

Powered by Movable Type 4.261