シグマの超弩級大口径レンズ(PIE2009)

| コメント(0) | トラックバック(0)

シグマはレンズメーカーらしく、様々なレンズを試着出来るようになっていました。

圧巻なのは、今年は触ることが出来た超弩級大口径レンズ「APO 200-500mm F2.8/400-1000mm F5.6 EX DG」。

シグマ APO 200-500mm F2.8/400-1000mm F5.6 EX DG

レンズの写真を撮ろうとしたら、他のお客さんが既にいらっしゃったので、映らないように撮ったので、伝わりにくくてすみません。

2本用意されていて、向かって右側が試作品で、奥が市販品だそうです(確か、そう言っていたはず)。

200mmから500mmの超望遠ズームレンズでありながら、ズーム全域でF2.8の明るさが驚異的。

変わっているのはズームリングもピントリングもあるんですが、なんと電動です。レンズのマウント近くに液晶があって、そこに焦点距離などが表示されるんです。
リングを回すと、数値がそれに合わせて変わっていくので、結構おもしろいですよ。
意外とリニアに動いてくれて電動なんだけど、合わせにくいということはありませんでした。
ただ、電動なのですが、レンズがデカイのでカメラボディの電源では間に合わず、専用のバッテリーが必要なんだそうです。

ちなみに、250万円。

ホンダのインサイト買ってもお釣りが~。

 

【フォトイメージングエキスポ2009の記事】

 

【関連外部サイト】

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osoe.jp/mt/mt-tb.cgi/1078

>コメントする

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

おそえワールド検索

Powered by Movable Type 4.261