Shuriken 2009 その2『フォルダウォッチの進化』

| コメント(0) | トラックバック(0)

Shuriken2008で搭載されて好評(のはず。私はとても気に入っている)のフォルダウォッチが、Shuriken2009で更に便利になりました。

メールを整理するときにたくさんのフォルダを作ることがあると思います。
その際に、グループで囲うために、フォルダの下にフォルダを作ることがあると思います。
フォルダがたくさんあると、見て回るのも一苦労。
たくさんスクロールする、という経験があると思います。

フォルダウォッチというのは、たくさんフォルダは作ったものの、普段利用しているフォルダのみを素早くチェック出来るように表示してくれる機能です。

→(参考)Shuriken2008・その4『フォルダウォッチ』

しかし、Shuriken2008では、フォルダ一つずつしか設定出来ませんでした。
(いや、それでもメチャメチャ便利なんですが)

Shuriken2009では、「サブフォルダも対象にする(R)」という設定が追加されたことで、フォルダをグループ分けしていた場合に、親フォルダを指定してこの設定を有効にすると、いくつもフォルダウォッチの設定を作らなくてすむようになります。

Shuriken2009-FolderWatch.png

 ※画面はWindows7 64bit ベータ上のShuriken2009です

【Shuriken2009のお話し】

【Shuriken2008のお話し】

【Shurikenサイト】
Shuriken2009
ジャストシステムのShuriken2009サイトです。

とことんShuriken
開発者ブログです。

【Shurikenメーリングリスト】
Shurikenメーリングリスト
株式会社エイペックスさんのご好意で提供されているShurikenユーザーの為のメーリングリストです。

【Shurikenに関する個人サイト・同盟サイト】
Shurikenのページ

Shuriken同盟

【Shuriken2008の本】
Shuriken2008のすべて
Shuriken2008の参考書です。

【au one メール をShuriken2008で活用する関連】
「au one メール」でEZメール自動保存機能の提供を開始

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osoe.jp/mt/mt-tb.cgi/1053

>コメントする

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

おそえワールド検索

Powered by Movable Type 4.261