パナソニックのマイクロフォーサーズと防水デジカメ(PIE2009)

| コメント(0) | トラックバック(0)

パナソニックは発表したばかりのDMC-GH1はもちろんのこと、DMC-G1もアピールしてました。

パナソニックブース

 パナソニックはすっかりマイクロフォーサーズですね。

レンズ交換式デジタルカメラがコンパクトになっていくのは良いことだと思います。
だって、大きくて重いと持ち運びたくなくなりますからね。そういう意味では、ペンタックスのK-mもAPS-Cサイズのセンサーながらコンパクトなボディで軽くて良いですね。

要するに、ユーザーのニーズに応じて多様化することで業界が活性化するということです。
フルサイズやAPS-Cサイズもそれぞれ良いところがあるわけですが、動画機能を備えるようになると大振りなボディは、ちょっと億劫になります。(実際に使うかどうかはともかく。)

パナソニックブースでは他に防水デジカメ「DMC-FT1」も展示していました。
四角いボディに正面を向いて右上にレンズが覗くというスタイル。防水デジカメはデザインはどこも似てしまうんだなぁ、と思ってしましました。
それはともかく、どこかが防水防塵デジカメを作ってくれないと、工事現場やマリンスポーツなど、水辺で撮影する機会が多い人が困ってしまいます。
これからも作って欲しいですね。

惜しいと思ったのは、折角ディーがとビエラを持ち込んでいたのに、具体的な活用方法が今ひとつアピール出来てなかったことです。「つながる」だけではちょっと分かりづらいです。

一つ気になったのはパナソニックが運営するSNSサイト「LUMIX CLUB PicMate」の案内があったことです。
非会員でも写真は閲覧出来ますが、書き込むためには会員登録が必要です。
スライドショーも用意されていて、アルバムを鑑賞しやすいです。
どのメーカーも自社製品の囲い込みをしてるんだなぁと思いました。

 

【フォトイメージングエキスポ2009の記事】

 

【関連外部サイト】


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osoe.jp/mt/mt-tb.cgi/1064

>コメントする

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

おそえワールド検索

Powered by Movable Type 4.261