CarryOn Musicで録音できないのは SCMS の MD

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日、CarryOn Musicで録音できないと書いたのですが、理由がわかりました。

MDデッキ(JMD-7)とサウンドカード(SE-150PCI)を光デジタル(S/PDIF)で接続しているときにはSCMS(シリアル・コピー・マネジメント・システム)で著作権保護されているMDなどのデジタル音声の取り込みは出来ません。よってCarryOn Musicの制限ではないです。

あああ。なんでこんな基本的なこと忘れてたんだろう。
取り込もうとしたMDって、てっきり生録したものかと思ってました。(人に依頼されたものだったので)

そういえば、SCMSってありましたね~。
SCMS とは、デジタル音源を一世代に限りデジタルコピーを可能にする著作権保護の仕組みです。つまり、デジタル音源での子供は作れるが、孫は作れません。デジタ ルではなくアナログ入力の場合は関係なくなるので何世代でも作成可能です。もちろん、デジタルコピーよりは音は劣化しますが、一世代くらいだったら余り関 係ないでしょう。

しかし、SCMSってiPod全盛の今の時代には合わない様な気がしますが、SE150PCIを作ったONKYOは音響メーカーなのでそういうわけにはいかったんでしょうね~。f^o^;
アナログで繋げば同じなので

【SCMS関連サイト】

SCMS (えすしーえむえす) (ソニー)

SCMS (Wikipedia)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osoe.jp/mt/mt-tb.cgi/889

>コメントする

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

おそえワールド検索

Powered by Movable Type 4.261