昔のMDをパソコンに取り込む

| コメント(0) | トラックバック(0)

MDに録音していたラジオ番組をパソコンに取り込みました。

MDウォークマン(2008年6月21日現在)などを使えば、簡単にMDに録音したものをパソコンに取り込むことが出来ます。

しかし、お小遣い制な私に新しく買うのはムリ。(T_T)

そこで、手元にある武器、
・JMD-7(ソニー:ミニコンポ、JMD-7のニュースリリース
SE-150PCI(オンキョー:PCI接続サウンドカード)
CarryOn Music(オンキョー:音楽編集ソフト)
の3つを活用します。


  1. JMD-7とSE-150PCIを光ケーブルで接続します。

  2. 次に、SE-150PCIのドライバ「VIA Audio Deck」の設定で入力「Digital In」に設定。

  3. CarryOn Musicをラインレコーダーにしてから録音ボタンを押し、JMD-7で再生します。

  4. WAVファイルで取り込み、トラック編集を行います。


CarryOn Musicは今はオンキョーのダイレクトショップ「e-ONKYO」のダウンロード販売のみになっています。
このソフトは無音声部で自動的にトラックを分けてくれますが、後から編集することも可能です。
Gracenote MusicIDで曲名などの検索も出来ますが、外部入力した音源は上手くいかないことの方が多いです。w

次はウォークマンに取り込むために、SonicStageCPに取り込みます。
SonicStageCPもGracenoteに対応していますが、検索結果は同じです。w
SonicStageCPはバージョンアップを重ねた結果、最初は重いだけの正直ダメダメなソフトでしたが、今はダウンロード販売サイト「Mora」やユーザーコミュニティサイト「PLAYLOG」との連動など、とても良い感じのソフトに仕上がってきています。

そうそう。Windows Vistaにして良かったと思うのは、この音楽機能の改善があります。
Windos XPの時は
・SonicStageCPでSE-150PCIのボリュームコントロールが利用できない。(※これはドライバの制約でした。)
・VIAのAudio Deckで入力関連の操作しているとき、時々入力の切り替えが上手く動かないことがある。
という不便さがありました。
Windows VistaにしたらVIAのAudio Deckがパワーアップしていて、これらが両方とも改善されていました。

ということで、とても手間の掛かる手順にはなりますが、MDウォークマンも使いませんので、早い内にパソコンに取り込もうと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osoe.jp/mt/mt-tb.cgi/771

>コメントする

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

おそえワールド検索

Powered by Movable Type 4.261