JMD-7(ソニー・ミニコンポ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

リビングではソニーのミニコンポ「JMD-7」で音楽を聴いています。

JMD-7はソニーが1998年に発売した、当時『高級ミニコンポ』というジャンルの製品で、10万円近くしました。私は1999年3月にソニーショップ・サムで購入。(今はソニーショップ・サムは無いんです。(T_T))

CDプレーヤー/アンプ部とMDデッキ部と木製のスピーカーのシンプルな構成で、光入出力端子、パソコン接続端子が装備されていました。また、MDウォークマンリンクという連動機能(アナログ録音のみ)もあり、手持ちのMZ-R4STとの連携も考えていました。(でも、実行されずw)

パソコン接続端子は別売のパソコン接続キット「PCLK-PX1(リンク先はPCLK-PX3)」を使ってパソコンのCOMポートに接続します。「Media Communicator」というソフトが入っているので、これで、MDのタイトルや曲のインデックス編集が可能です。Media CommunicatorはWindows95とWindows98のみに対応していて、公式にはその後のOSには対応しませんでしたが、若干のおかしいところがあるものの、Windows XPでも普通に動いてました。
今はMDの編集をすることが無くなったのと、昨日書いたように、光ケーブルで接続してますので、Windows Vistaを導入したときにインストールをしませんでした。

CDからの倍速録音機能もなければ、最新のシリコンオーディオとの連携機能もなければ、ハードディスクレコーディングも出来ません。
でも、買ってから9年。一度も故障せず(ソニータイマー発動されず!)、CDは結構良い音が出るので、まだまだ現役で使っていこうと思っています。


JMD-7のニュースリリース

PC接続キットサイト・機種別対応表

PC接続キットサイト・PCLK-PX3

PC接続キットサイト・MediaCommunicator

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osoe.jp/mt/mt-tb.cgi/772

>コメントする

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

おそえワールド検索

Powered by Movable Type 4.261