Shuriken2008・その2『起動の速さ、学習型迷惑メール振り分け機能』

| コメント(0) | トラックバック(0)

Shuriken2008・その1は寝ぼけて書いていたので、後で読んだら「何を書きたかったんだ?」という文章に。。。すみません。

今回はわざわざお金を出して「Shuriken2008」を買う魅力についてです。

●私にとっての魅力(1)

起動が極めて速い。

Shurikenシリーズを使う前はNetscapeCommunicaterのメール機能を使っていました。Netscapeは3.0から使っていまして、特に不満もなかったのですが、バージョンが上がって「NetscapeCommunicater」になると、とても重いソフトになっていったので、
「メールを読み書きするだけなのに、こんなに重いソフト使えない!」
となり、また、日本語の文字化け不具合も頻発していたので、変わりとなるメールソフトをいくつか試したりして探していた時に、Shurikenを知りました。
当時は迷惑メール対策機能はありませんでしたが、とにかく、起動が速いのに感動しました。


●私にとっての魅力(2)

学習型迷惑メール振り分け機能

ShurikenPro4/R.2から実装された学習型迷惑メール機能は、それまで振り分け機能でごみ箱直行にしていた迷惑メールを、自動で迷惑メールフォルダに振り分けてくれるので、とても楽になりました。迷惑メールから取りこぼしても、迷惑メールとして学習させることが出来るので、学習させればさせるほど精度が上がっていきます。
今回のShuriken2008はこの迷惑メールの判別精度が上がったそうです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osoe.jp/mt/mt-tb.cgi/643

>コメントする

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

おそえワールド検索

Powered by Movable Type 4.261