FileZilla 3.0.5.2

| コメント(0) | トラックバック(0)

FTPクライアントとして「FileZilla3」を使っています。FileZilla2から使っています。
他に「FFFTP」も、ローカルディレクトリとリモートディレクトリの同時移動が出来たりと、とても使いやすいので重宝していました。
FileZillaは「SFTPへの対応」と「転送スピードがとても速い」ことから、数ヶ月の試用の後、メインで使用するようになりました。

今日、FileZilla3.0.4.1を起動すると、アップデータがあるというメッセージが表示されたのでアップデートしました。

アップデートしますか?と聞かれて「はい」を押すとダウンロードが始まります。ダウンロードが終わると下の画面になります。
20080120-filezilla_01.PNG
FileZillaはGPL2のオープンソースソフトウェアです。ここではGPL2に同意するかどうか聞かれているので、「I Agree」を選んで同意します。

20080120-filezilla_02.PNG
「以前のバージョンをアンインストールしてからインストールする」のか「以前のバージョンはアンインストールしない」のかを聞かれます。今回は前者なのでそのまま「Next」を押します。

20080120-filezilla_03.PNG
インストールしようとしているパソコンのユーザーの全ての人に利用できるようにするかどうかを尋ねられていますが、今回は選択肢の片方がグレーアウトして選択できません。恐らく、一番最初のインストールしたときの選択によって選べないのだと思います。

20080120-filezilla_04.PNG
インストールする内容を聞かれています。デフォルトに追加してデスクトップのショートカット作成にチェック入れて「Next」を押しました。

20080120-filezilla_05.PNG
インストール先を聞かれています。デフォルトのまま「Next」を押します。


20080120-filezilla_06.PNG
スタートメニューの名前を聞かれています。デフォルトのまま「Next」を押します。

20080120-filezilla_07.PNG
インストール中・・・

20080120-filezilla_08.PNG
インストール完了。「Finish」を押してインストールウィザードを終了します。

20080120-filezilla_09.PNG
インストールしたら、一回だけ表示されるダイアログボックスです。2回目以降は表示されません。

今回、何が変わったのか、本家サイトみても書いてなさそうだったので、インストールディレクトリにある「NEWS」ファイルを見たり、実際に触ってみると、3.0.5以降は下記のようになっているようです。

  1. ディレクトリの比較が出来るようになりました。比較は「編集した日時」か「ファイルサイズ」のどちらかを選択できます。 「Directory comparison」ボタンを押すと下記のようになります。 ・ローカルかリモートのどちらかにしか存在しないディレクトリやファイルは、背景が黄色 ・更新が新しいディレクトリやファイルは、背景が緑色 ・サイズが異なる場合は、背景が薄赤色
  2. ローカルファイルのリストから直接編集することが出来ます。但し、私の環境では出来ませんでした。なぜ?
  3. システムの言語を使用するオプションが追加されました。
  4. 転送時のインジケータが新しくなった?
  5. その他、バグフィックス


This file only lists a short summary of the changes between FileZilla versions. For a full list of changes, please read the ChangeLog file.

Legend:
! Security related bugfix or otherwise critical bugfix
+ New feature or important bugfix
- Bugfixes

3.0.5.2 (2008-01-12)

- Fix local tree refresh causing unwanted directory changes.
- Fix crash in patch cache
- Fix update check
- Remove error message if locales aren't installed or FileZilla has not been translated into the default system language

3.0.5.1 (2008-01-11)

- Fix crash if entering custom command

3.0.5 (2008-01-10)

- Fix freeze if deleting remote directories
- Compatibility with HP NonStop servers
- MSW: Uninstaller did not remove defaultfilters.xml
- Improve visual feedback for some drag&drop operations
- Fix sort order in sitemanager dropdown menu
- Fix size of file changed dialog
- "Apply to current queue only" in file exists dialog did not work properly
- Cached directory listings expire after 30 minutes

3.0.5-rc1 (2007-12-31)

+ Directory listing comparison
+ Ability to open and edit local files
+ Add option to use default system language. Note: Language selection will be reset to default if updating to this version.
+ New artwork for send and recv indicators
- Fix crash with keepalive timer
- *nix: Use proper locale initialization, happened too late in FZ's startup sequence in previous versions.
- Fix issue with proxies in combination with nonstandard ports
- Fix timezone offset detection if user has specified a custom offset
- MSW: Cancel remote renaming of files if listing changes
- Fix prefix search in file listings not working with all keys
- Internal engine state could get confused on failed transfers
- Fix visual refresh problem in queue
- Fix several glitches with right-to-left languages
- Write errors during downloads are now critical, as they usually require user interaction (e.g. disk full)
- Calculate proper filesize on VMS servers
- Remote directory tree did not display all known directories
- Don't display error messages if some local directories are not accessible during auto-completion in local view header or if if they are parent of an accessible directory in the local tree view.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osoe.jp/mt/mt-tb.cgi/618

>コメントする

Firefox ブラウザ無料ダウンロード

おそえワールド検索

Powered by Movable Type 4.261